全棟構造計算実施

全棟構造計算実施

構造計画
ADMの住宅はすべての住宅で構造計算を行い、耐震等級3の住宅を建築しています。

ーーーーーーーーーーーー

≪構造計算≫

家自体の重さ(自重)を支えながら、

雪・風・地震による様々な力が加わった時に耐えられるのか計算するもの

重さや家にかかる力の方向・強さなど様々な観点から検証し計算していく

ーーーーーーーーーーー

よって、構造計算書は何百ページにもなります。

ここからは簡単に、住宅と地震と構造計算についてお話させていただきます。

【地震大国 日本】といわれるように
私たちは多くの地震を体験してきています。
そして、そのたびにたくさんのことを学んでいきます。

熊本地震についての報告書です。
構造計画

旧耐震基準の住宅はやはり被害が大きく出ました。
しかし、新耐震基準であっても複数の被害がでているのです。

これらの報告から、耐震等級3の住宅を建てることの必要性がわかります。
等級3を得るということは構造計算をしっかり行うということです。

※まれに、耐震等級3相当という住宅があります。
これは要注意です。構造計算を行っていない場合があるからです。


多くの方が疑問を持たれることについて解説させていただきます。
・家を建てるのに構造計算するのは当たり前じゃないの?  答えはNOです。
・やっぱり木造住宅より鉄骨造の方が強いんじゃないの?  答えはNOです。

住宅性能表示性度というものがあります。
その内容には、プロでも専門家でもない施主様が判断できるように
耐震についてわかりやすいように耐震等級というもので表示されるようになりました。
構造計画構造計画

一般的な住宅はこの耐震等級1で、日本のだいたい80%があてはまるといわれています。
しかし、この等級1の住宅は構造計算されていません。

日本の法律に≪建築基準法≫というものがあります。
等級1はこの建築基準法を満たしていれば
構造計算を行わなくても建てられるとういうことなのです。

構造計算というものは手間とコストがかかります。
何百ページにも及ぶ計算と、それを満たすように構造材の強度の確認であったり、、
こうなってくると、構造計算は義務ではないので行わないという施工店ができてしまうということです。
義務ではないのに、わざわざ、手間・時間・コストをかけてまでやろうとは思わないんですね。。
これが、日本の住宅が世界の先進国に比べ住宅性能に関する認識が低くなる原因でもあるのではないでしょうか。

知らないのであれば、あえて言う必要はないという心理ですね。。


ここまでで、構造計算は当たり前ではないとわかっていただけたかと思います。

それではもうひとつの、疑問。

木造住宅と鉄骨造だと鉄骨造の方が強いのではないか。。

確かに、木と鉄骨だと鉄骨の方が強いですよね?
しかし、ここでも重要になってくるのが構造計算です!
構造計画

このように構造計算でしっかりと強度を確保すると
災害時の拠点となる建物と同じ強度を持つことが出来るのです。


私たちの安心した暮らしと地震は密接な関係にあります。

大切なマイホームを建てる住宅会社を見つけるためにも
住宅についての知識をしっかり持ちましょう。